スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月25日水曜日 

ヘンリー六世のあらすじを御説明します。イギリスの英雄ヘンリー五世が若くして病死、翌年、フランス国王シャルル六世が死に、1420年のトロワ条約により揺り籠の長男ヘンリー君が王位を継いだんですが、何しろ国王赤ちゃんだから、おじさん達が国王代行の係を巡って大喧嘩はじめ、ヘッド誰にするかでもめにもめ、同時にフランスと戦争続いてて、フランスの脅威ジャンヌ・ダルクってゆうミュータントが現れ、内外の戦乱入り乱れしっちゃかめっちゃかになるってゆうメッチャ面白いお話です。シェイクスピアビギナーでも小学3年生でも、解りやすい事うけあいです。おバカとおキチガイの織り成す戦国絵巻ヘンリー六世part1、5月12日近日公開、乞う御期待、「ヘンリー六世知らずに、シェイクスピアは語れんきにの!」(byアンジュー公)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gedo329.blog81.fc2.com/tb.php/95-36b6d20c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。