スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月20日金曜日 

午前中図書ボランティアっていうのの説明会に行きました。お母さんが40人位来てました。油断して桜吹雪のスカジャンを着ていってしまい図書室でういてました。作業っていうのをやったんですが山のような本のバーコードのテープをはがして新しいバーコードテープに張り替える本の整理整頓ってやつを2時間くらいやってました。シェイクスピア超訳の会にたどりつくまでは幾多の細かい作業が必要なんだと思いました。自分の部屋があんなにメチャクチャなのに図書室のバーコードを張り替える整理整頓をやっているのはすごく偉いかすごくバカかどっちかだなと思いながらこういう小さな積み重ねが大事だよなと思いながらこうしてる間にヘンリー六世何ページ覚えられるかなと思いながらこうゆう小さな積み重ねを積み重ねる事が本当に大事だなと思いながらめまいのするほどの膨大なバーコード張替え本を積み重ねていきながらここまで足を踏み入れたからには絶対卒業するまでにクスノキミツカ超訳マクベスをこの学校でやろうと固く誓いました。

スポンサーサイト

コメント

親子で楽しんでもらうには、
喜劇のほうがよいのではないかと思いますが、
いかがでしょう。

息子の学校のPTAには研修部というのがあって、子どもに生の舞台を見せたり色んなイベントを企画します。

来年はそういう部の役員をすると
シェイクスピアの会の近道になると思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gedo329.blog81.fc2.com/tb.php/91-413db5af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。