スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月6日火曜日 

今日は「瞼の母」を作ったんですけど、台本ね
やっぱ長谷川伸のセリフがよすぎるから
超訳といいながらも、ちょっと省略。程度の方がいいんで
本編に忠実にいいセリフをお送りしようかなっと思います。
従来はチャンバラがエンタティメントでしょうけど
私が一人チャンバラお送りするの無理があるんで
長谷川伸の素敵なセリフをお送りします。
この芝居を長年、数々やってた新国劇のお友達で先輩の細川智さんに
言葉の監修頼んだので、間違ってない長谷川伸を初演します。
最初は北海道剣淵。次に浅草です。

おはま「忠太郎さん、お前も親を尋ねるなら、何故堅気になっていないのだえ」
忠太郎「おかみさん、その指図は辞退すらあ、親に放れた小僧っ子がグレたを叱るは少し無理」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gedo329.blog81.fc2.com/tb.php/639-676ea03f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。