スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月12日土曜日 

昨夜も中2に迷惑をかけた。
一人で飲んでると星の王子様の酒呑みの星の人みたいになって
悲しくて仕方がなくなるので、中2がカラオケ好きだからカラオケに行こうと
行きたくもないのに無理な時間に言いだして、外に出て公演の石垣でタバコけしたかなあとか
ぐずぐずしてたら、中2が寒くなったというから結局そのままうちに戻った。
炬燵で寝てたら風邪ひかないようにねなさいねと中2が言うから
また一人になったと思って泣き寝入りしていたら、夜中に起きると中2が一緒に炬燵で寝てた。
中2は今年私の精神年齢を抜いてしまいます。いやもう抜いているか。
私は暗示にかかりやすいのと自分の発言に忠実なあまりに
リチャードを作っていた時に精神年齢14歳未満と発言した時から
精神年齢を止めてしまった通りに生きてしまっていますよ。
社会的には全く通用しないですが中2世界では普通です。
コクトーの「恐るべき子供たち」は中学時代に読んで何が恐るべきかわかんないなと
思ったんですが、今解るのは「恐るべき」と「子供」というはなれたワードは
「子供のまんま精神が成長しないのが恐るべき結果を生むよ」的な予言かな。
私は精神成長する望みないけど舞台で恐るべき結果を生みたいな!的な。
卑怯な曖昧語も子供テクニック。的な。皆様お体お大事に。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gedo329.blog81.fc2.com/tb.php/557-b18889e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。