スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月4日土曜日 

どうも泉鏡花につきましては解説方法を考えてまだ暗中模索。
昨日のじゃあ変なんです。
本来、変な奴を解説してるんだから解説すると変になるからしない方がよい部分ありますから
迷うのは当たり前で、どう解説してもまだ迷うのです。
昨日のもアリなんだけど昨日のじゃあ足りないしまたは余計かも知れないです。
一言、食うか食われるかの話なんですけど、
ものすごくドストエフスキーみたいな、って思いますけど
ドストエフスキー!といま解説したってなあ。と、このように迷うのです。
解説者迷わせ文学としましてはシェイクスピアをはるかに上空旋回してますね。
ラストは説明が仇になるアンダーグラウンドです。
これは2012年のいまだにみんなでやると、絶対面白いシナリオですよ!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gedo329.blog81.fc2.com/tb.php/503-c711c60f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。