スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月28日水曜日 

皆様こんばんは。
ジャン・コクトーに「恐るべき子供たち」とゆう小説があります。
好きな事しかやらないで生きてる子供たちの話です。
どうやら私はそれに近い暮らしを、
ありえない事にやり続けているのだなあと、
ふと今日、思いました。
これは天とすべての人に、感謝しないといけないよ。
と思います。
感謝するから、猛然と、好きな事だけやっていきますよ。

「義血狭血」は「ぎけつきょうけつ」と読みます。
こんな言葉は辞書にもありません。泉鏡花の作った日本語です。
鏡花と沙翁の共通点のまたその1追加は、
世に存在しない、新語を作ったところです。
流行語大賞のレベルではありませんよ。

「超訳鏡花 義血狭血」は北千住國田鮨31日にやってます。
花街あとのお座敷です。いろっぽい空間の筈ですよ。
お時間あれば寄ってみてくださいね。楠一座

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gedo329.blog81.fc2.com/tb.php/453-e3a78d73

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。