スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月23日月曜日 

お元気ですか?薔薇戦争につきましての予備知識を少々申し上げます。百年戦争は1337年から1453年あたりです。薔薇戦争は1422年ヘンリー五世死後勃発した、百年戦争内のイギリスの内乱です。つまり超訳薔薇戦争ヘンリー五世までは前フリで、ヘンリー六世から薔薇戦争が勃発します。ただ、何事も原因があって結果があるというシェイクスピアのセリフによれば、前フリがあってオチがあるというコント作家・楠の理屈としましては、リチャード二世からが薔薇戦争です。ゆえに是非ともリチャード二世を見ていただきたく存じます。皆様お体お大事に!

スポンサーサイト

コメント

さらばリチャード二世

8月25日(月)だろうと思っていた仕事が21日(木)に入ったため、『リチャード二世』とはおさらばです。
オーマールによろしく。
あると言えばない、ないといえばある、あるのはないも同然、だからないことはない・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gedo329.blog81.fc2.com/tb.php/199-9a5255fc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。